外壁塗装のリフォーム工事をした方が良いのか悩んだら?

外壁塗装は、人間で言う「皮膚」の役割

外壁塗装は、人間で言う「皮膚」の役割をしています。人間の皮膚は、バイキン等が入らないように身体中をを覆っています。人間も擦り傷等の怪我をした場合は、バイキン対策の為に絆創膏貼ったり、塗り薬を塗ったりと処置を施します。これと同様に外壁塗装に亀裂等が発生をしてしまうと、建築構造材部分に雨水等が浸水してしまい建築構造材自体を傷めてしまうことになり、本来の建築構造材の機能性を発揮できないという事態になってしまいます。

外壁塗装の修理は工事業者に依頼

ホームセンター等で、外壁修理材などが販売をされておりますが、自分で修理作業をされることはお勧めできないです。理由としては、外壁塗装材と外壁修理材の相性が悪いと、外壁塗装を更に傷めてしまうこともあるからです。また亀裂の種類などによっては、修理材が亀裂の奥まで入り込まないで、結果的に亀裂を隠しただけという事態になってしまい、修理をしたと安心をするだけで修復した隙間などから雨水の浸水してしまい、建築構造材が傷んでいる事に気が付かないという事があるからです。

亀裂以外にも外壁塗装のリフォーム工事が必要なとき

外壁塗装で亀裂以外にもリフォーム工事をした方が良い場合があります。見た目は亀裂が入っていないけども、外壁塗装部分を触ると粉が付く場合があります。この現象は、「チョーキング」というものです。外壁塗装材のシリコンや塗装材が「雨水・風・紫外線」等により、劣化をして成分が分解されてしまい、外壁塗装の機能低下している状態だからです。亀裂が入っていないから安心と思うのではなく、この現象が出ていた場合、本来の機能性が発揮していないので、徐々に建築構造材部分に染み込んでしまい、建築構造材を傷めています。

家の壁の塗装が剥がれてしまったなど外壁塗装を考えているなら外壁塗装を千葉で行うことができますし、綺麗な仕上がりになります。