困っている人必見!保証人がいなくても賃貸住宅を借りる方法

賃貸住宅で必要となる保証人とは?

賃貸住宅の契約で、多くの場合必要とされるのが保証人です。保証人は、借主が家賃滞納などのトラブルを起こした時、代わりに責任を負うことになる、重要な人物です。そのため、いざという時に確実に支払い能力があり、連絡がしっかりとれる人が要求されます。一般的には、借主と近しい家族、具体的には親や兄弟がなることが多くなっています。逆に、友達や会社の同僚などの第三者は、入居審査で敬遠される傾向がありますので、注意が必要ですね。

保証人の代行をしてくれるサービスが便利

家族関係の希薄化や自立志向などを背景として、保証人探しが難航するケースも増えてきました。保証人になってくれる人がいないがゆえに、賃貸住宅を利用したくてもできない、という事態も起こっています。そうした人は、保証人代行サービスを利用することも考えましょう。これは、一定の保証料を支払うだけで、サービス提供会社が保証人の役割を果たしてくれるというものです。一定の審査はありますが、保証人が見つからない人にとっては非常に便利ですね。

保証人不要のマンスリーマンション

また、マンスリーマンションを利用するという手段もあります。マンスリーマンションには、保証人なしで入居できる物件も多くあります。これらは家賃を前払いにするなどで、滞納リスクをなくしているので、保証人を必要としていないのです。審査が簡単である、家具や家電など必要品がそろっている物件も多いなど、他にもいろいろなメリットがあるので使いやすいのが特徴ですね。困ったら、こうした物件をあたってみるのもよいでしょう。

旭川市の賃貸マンションは、防犯セキュリティとしてテレビモニター付きのインターホンがあるので女性の一人暮らしや子供がいるご家庭でも安心して暮らせます。