賃貸アパート・マンションにおけるトラブル3選

家賃の値上げに関するトラブル

2年ないし3年の更新のたびに、家賃が改定されるのが通常です。また、毎回の値上げをする手続きを省略したいために、1年ごとに賃料を数パーセントずつ値上げするという約束をあらかじめ要求する大家さんもいます。物価が上がれば大家さんは建物や敷地に課せられる税金や、建物の修繕費用などの負担も増えるので家賃の値上げに影響してきます。しかし、無制限な値上げが認められるものではありません。妥当な値上げ額は、物価や税金などの上昇率や、周辺の賃貸事例との釣り合いを考慮して決めるものです。

契約満了時における更新料のトラブル

契約更新の際には、「更新料」というものが家主に支払われるのが普通です。これは支払わなければならないとする法律の規定はありません。更新してもらう大家さんに対するお礼のようなものです。現在一般に使用されている賃貸借契約に特約で、「本契約の期間が満了したときは賃料1ヶ月分の更新料を支払って更新することができる」という文言が入っています。また、契約書に更新料が触れられていなくても、地域の慣行で誰でもが当然に支払っているような場合には、やはり支払う義務があるとされる余地があります。知らない町で借りる時には、契約時に聞いておかなければなりません。

管理費・共益費の値上げトラブル

管理費・共益費の値上げについて通知が届きトラブルになることがあります。家賃と違い管理費・共益費などは、大家さんが立て替えて払っているので、本来は「高すぎるからまけてほしい」といえる性質のものではありません。しかし、管理費や共益費として請求される金額のうちかなりの部分は、実は家賃の一部だというのが実情です。そこで、共益費などに賃料が組み込まれていると思われる場合は、内訳を示してもらい、本来の共益費を超えているのであれば、指摘して値上げ幅を押さえてもらうべきです。

賃貸の物件の情報を調べたい場合には、不動産の情報サイトを活用すれば家賃や立地などで細かく絞り込めて便利です。