効率経営を目指そう!店舗物件を選ぶ際のポイント

設備や内装を有効活用!居抜き物件

店舗経営をする場合には、貸店舗となる不動産物件を借りることが一般的ですよね。通常は内装や設備などがないスケルトン状態の物件を借りて、店舗オーナーが資金を出して店舗用の什器やインテリア工事、設備工事を行うのがセオリーです。しかし、最近は経営する店舗の種類が同じであれば、居抜き物件と呼ばれる内装や設備が残った物件を借りた方が、初期工事に必要な資金を抑制することができますのでその方が手間も省けます。効率経営を目指すなら居抜き物件に注目してみましょう。

多店舗型の建物で相乗効果を狙う

貸店舗の中には、独立した建物の物件を選ぶよりも、様々な商店が入居している多店舗型の物件を選ぶ方が色々とメリットが大きいですよ。独立した店舗物件では、相当な話題作りや強力な看板メニューなどがない限りお客さんを絶え間なく呼び込むことは困難ですが、多店舗型の物件であれば、他の店舗を利用したお客さんが、ついでに店に立ち寄ってくれる傾向にありますので、相乗効果がある程度見込むことができますよ。他の店舗と強力してキャンペーンなども組めますので、経営効率としては優れていると言えるでしょう。

住居付き物件で家賃を削減

店舗経営する際は、自宅として借りることのできる住居付き物件を選ぶと、居住費の節約をすることができますよ。貸店舗だけの場合は、毎日の通勤の際の交通費もかかりますし、時間も効率化することが出来ますので、店舗と住居が併設された物件を選ぶ方が経営効率は良くなります。店舗と住居が同じ建物だと、家賃を値下げしてくれることも期待できますし、精神的にも安定しますね。将来的には事業が成功すると、建物ごと買い取って資産にすることも可能ですよ。

店舗物件は予め水道やガス、電気配線などのインフラが整備されていて、すぐに入居して商売を始められるのが大きな利点です。