意外と重要!外壁塗装の役割と業者選びについて知っておこう!

外壁塗装の役割とは何か

外壁塗装をする場合、どのような目的でするのかを知っておく必要がありますね。ペンキと同じようにただ壁一面に色を塗ってきれいにしてそれでおしまいというわけではないのですね。外壁塗装の目的は外壁をきれいにすることもでもありますが、外壁を外部からの湿気から守るという役割が大きいのですね。住宅は外部から壁内に水が侵入してしまうと、カビが生えたりシロアリが発生したりと住宅にとっては寿命を縮める原因となってしまうのですよ。

意外と重要な業者選びについて

外壁塗装をする前には業者選びをすることが必要になりますね。業者選びのポイントは、なんといっても質の良い業者選びが大事になります。この場合、できるだけ安く仕上げられたら言うことはありませんよね。そこで、分離発注について知っておきましょう。通常、リフォーム会社経由で外壁塗装をお願いする場合、リフォーム会社は下請けの塗装業者に塗装を頼みます。これは分離発注というものです。つまり、リフォーム会社は下請け会社に頼むことで中間マージンが発生してしまうのです。

安く仕上げるのであれば直接塗装業者を探そう!

中間マージンとは、下請け会社を紹介した時の紹介料と管理料のことです。要するに、下請け会社を見つけてあげたのでその分の紹介料と管理料も支払ってくださいねということで、その分外壁塗装料金は高くなってしまうのです。これについては意外に知られておらず、事情もよくわからずに中間マージンの分までお金を払ってしまう施主も多いのです。もし、安く外壁塗装を仕上げたいのであれば、分離発注ではなく直接信頼できそうな外壁塗装業者に塗装をお願いすることが必要になります。

外壁塗装なら鎌ヶ谷がとても安い値段で行って下さり、評価もとても高くなっている為、信頼が出来、依頼できます。